Red 22のリアディレーラーとEaston EA90 SL (-2012) ホイールの相性

 さて、ロードを威勢よく11速化したのはいいのですが、最初に使用したホイール、Easton EA90 SLと、Red 22はどうも相性が悪いようです。昨日も言及した、スポークとRDケージの干渉ですが、ギアをアウターxローにした場合は常に当たってしまっているようです。

20130919-170349.jpg

普段使用することは多くないギア設定とは言え、これでは安全上問題があるので、ホイールを変更してみます。

 実はロードよりも先に、ツーリング車をカンパニョーロのアテナ11速化しているのでそのホイールを使います。このホイールは、DT Swiss RR1.1のリムに、DT Swiss AeroLiteのスポーク32本3クロス、カンパニョーロレコードハブで手組みしています。ただし、装着されているのはカンパニョーロのスプロケットではなく、フリーをシマノ11速用に交換した上で、シマノ9000系デュラエースのスプロケットが装着されています。スポークが通常どおり交差して組まれていることもあって、アテナのRDケージとの隙間は充分に空いているようです。

20130919-170430.jpg

ロードにこの手組ホイールを入れてみました。ギアをアウターxローにしても、ツーリング車のときほどではないですが、干渉しないだけの隙間が空きました。

20130919-170458.jpg

一方ツーリング車にEastonのホイールを入れてみました。ギアをアウターxローにすると、手組みホイールのときよりスポークとRDケージとの距離はかなり近くなりました。

20130919-170528.jpg

 以上のことから、2012年以前のEaston EA90 SLに、オレンジ色の11速用フリーを装着したものは、少なくともRed 22とは相性が悪いらしいということがわかりました。アテナのRDとは干渉しないので、RedのRDケージがカーボンで出来ていて厚いとか、形状が違うといった理由が考えられます。同様にRDケージがカーボン製の9000系デュラエースの場合はどうなんでしょう?

 とにかくこれで、ブレーキとクランクはシマノ、変速はだいたいSRAM、ハブはカンパニョーロという、プロチームではありえないミックスコンポのロードが出来上がりました。そのうち、フリーとスプロケットをカンパ11速にした場合も実験してみたいと思います。

広告
カテゴリー: A3, Bicycle, Road, S2, Touring, Wheels パーマリンク